最新の日記 | 初めから読む | 妊娠時に役立ったもの | おすすめ「赤ちゃん工房」

2006年11月14日

39週と4日

いよいよ予定日が間近に迫った39週と4日目の定期健診。

妻からの報告メールによると、ベビさんの推定体重は変わらずで、3105g。
エコーは・・・まぁ、相変わらず(T-T)

20061114.JPG

頭は産道に下向きにハマッてて、いい感じ。
でも胎動は相変わらずで、まったくお産の気配なし。
陣痛が来なきゃ健診は一週間後でいいそうな・・・。
こりゃ予定日過ぎそうだなぁ・・・初産だしな・・・。

ベビは順調なんだけど、妻は蛋白貧血にひっかかり、血液検査を2回して、エアロビも今日はしてはダメと言われたそうな(汗)
蛋白出るのは疲れてるんだろうって先生の言葉を聞いて、早速帰って夕寝をするってメールだった。

夜10時頃に職場からおやすみコール☆
10分ほどしか話さなかったにもかかわらず、その間に2度もトイレに中座するので、「ベビが出たがっとんじゃないん?」と聞くと、「下痢なんよ」だって(×-×)あらそう・・・
検診前に自分の体重を少しでも軽くするためにウンチを出そうと、前日に食物繊維たっぷりのお芋を食べたり牛乳飲んだりしたのが、検診後の今頃効いてきたらしい・・・。
要らぬ小細工をしようとするから・・・まったく(笑)

あんまりトイレで気張ってベビを落とすんじゃないぞ〜。

posted by shunsuke at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

38週と4日

今日は38週と4日目の検診。
いつものように妻から報告メールがありました♪

ベビの推定体重は3090gくらいで、とうとう大台に乗った模様。
先生に「いっちゃったね」と言われたそうな・・・(笑)

後は、ベビさん元気だろうって☆
おいおい、妻よ、報告を要約しすぎでないかい(汗)

そういえば(写りに期待はしてないんだけど)エコーはどうだった?と聞いてみると、「むむむ、エコー写真がない。貰ってないわ。」だってさ。
おーい、とうとう渡してもくれなくなったのかい?(T-T)

posted by shunsuke at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

37週と4日

今日は37週と4日目の定期健診の日。
今回も同行できなかった僕のために、妻からベビさん報告メールが。

心拍モニターでは、動きまわるベビに看護師さんが苦戦しながらも、異常なし♪
エコーは相変わらずどこを写しているのか全く分からず・・・。
写メールで送ってきてくれたけれど、うーん、さっぱり???

20061031.jpg

「なんば」のエコーにもう期待もしなくなっちゃいました、僕・・・(T-T)
ベビが元気ならそれでいいんです。

体重は2891gに!
子宮口はまだ全然開いていないらしく、確実に3000gの大台に乗るってさ♪
僕も妻も生まれたときは3600gだったので、大きな子になることは予想はしてたけど、やっぱりかぁ〜。
産む時大変だろうけど、頑張ってくれ、妻よ。

ちなみに母の体重は60.35kgで前回と変わりなかったそうな。
いよいよ、ぼちぼちって感じになってきたねぇ〜♪

posted by shunsuke at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

36週と4日

最初に:
この記事は後で妻からのメールを頼りに書いたものです。
この日、実は僕は熱で寝込んでしまってましたから・・・(後日談)
記事の投稿日は実際に検診に行った日に合わせてあります。


----------

今日はベビの36週と4日の検診♪
今回も僕は一緒について行けませんでした(T-T)

9時半から検診。
ベルトみたいなものを着けて胎児心拍モニターを30分くらい測ったそうな。
何度か看護師さんがチェックしに来たらしいんだけど、ベビさん動きまくりで、装置とベビの心臓がずれて、心音が薄くなる事が2度もあったんだって。
んー、ベビさん相変わらず元気そう♪

心拍モニターのベットがいっぱいで2階の部屋に案内されたらしいんだけど、何とそこはLRDと言う分娩室だったんだって。
この「なんば」では通常ここが入院部屋になっていて、陣痛から分娩2時間後までを過ごすらしい。
付き添いも一緒に部屋に居られるってのがいいね♪
妻に言わせると、ソファーもテレビもトイレも手洗い場もあるこんな普通のホテルのような場所で、本当に産むんだろうか…とちょっと不安気だった。

エコーは相変わらず何が写っているか判らんらしい・・・(T-T)
ベビさんは子宮口に頭がハマッてる状態。
でもまだまだ胎動がおさまる気配はないとのこと。
今週金曜から通常分娩内になるんだって♪
つまり、もういつ産まれても良いってことだよね♪
=もういくらお腹が張ってもいいらしい。
金曜からは、マタニティビクスもOKだって。
早速妻は、実家から徒歩10分程度離れた婆ちゃん家から歩いて帰ったって。

診察の最後に「おっぱい見せて下さい」って看護師さんに言われて、乳首をガシっとされたらしい・・・。
んで、ひっぱられ&揉まれたそーな。
痛かったけど、汁がいっぱい出て、いい乳首ですよと言って貰えて、その後、パジャマに染みるくらい汁が出るようになったって喜んでた♪
もうお腹はいくら張ってもいいんだからと、ちょくちょくマッサージに励んでる妻だそうな(^-^)

posted by shunsuke at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

35週と4日

里帰り中の妻から定期健診に行って来たという報告メールがあった。
今まで必ず一緒に行っていたので何だかちょっと違和感あり。
んー、やっぱしちょっと寂しいねぇ。

現在35週+4日
報告メールによると、産道が2.8cmとよく下がってたので、またまた薬が出たらしい。
よって、マタニティビクス(エアロビ)も×だって。
(里帰り先の産婦人科はマタニティビクスをよく勧めているとこで、激しい運動厳禁のこれまで行っていた病院との温度差を感じる・・・)

さらに貧血も相変わらず酷いらしく、こちらも薬が出たそうな(汗)

確かなのはここまで。
ここからは里帰り前に通ってた正岡病院の診察の丁寧さが恋しくなるくらいに淡白な検診なんだそうで、情報はほとんど妻の推測とのこと。
まず、ベビさんは多分約2600gくらい。
頭、胴体の大きさ、血の音などの情報は全くなし。
(全然言ってくれないし説明もしてくれないんだってさ・・・××)

「相変わらず期待できないよ」と妻から前振りの後に送られてきたエコー写真の写メール、何が写っているのか、どこを写したものなのかさっぱり判別できず、とっても悲しい・・・(T-T)

スキャナで読み込めないのでお見せできないのが辛いところ。
今度妻と会った時は、エコー写真を持って帰ってスキャニングして皆さんにご紹介しますね。

あぁ・・・検診に立ち会うことも出来ず、唯一の楽しみのエコー写真やビデオもさっぱりだなんて・・・ひどすぎるぅ・・・(T□T)

今考えると、正岡病院ってほんと良い病院過ぎたんだろうなぁ・・・

posted by shunsuke at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

33週と5日

今日は仕事を休みもらって、33週目の検診に妻を連れて行きました。
今回からてっきり里帰り先の産婦人科になると思ってたんですが、どうやら今回が本当の正岡病院で見てもらう最後の日だったみたいです。
本日紹介状を書いてもらって、次回からいよいよ里帰り先の病院での検診となるとのこと。

さて、今回は先週の「嘔吐下痢症」のことがあってその時に診てもらっていたので、1週間でのベビとの再会♪

20061004.jpg

今日は4Dを撮ってもらえなかったんですが、こういうときに限って顔が見える位置にあるんですよね〜(T-T)
何の異常も問題も心配もなく、順調みたいで、診察中もウゴウゴとベビは元気に波打ってました♪

帰り際、先生が「元気な子を産んでくださいね」と一言。
あぁ、最後まで先生に診てもらいたかった、取り上げてもらいたかったね、と妻と後ろ髪引かれながら診察を終えました。

先生、本当にお世話になりました!!

posted by shunsuke at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

嘔吐下痢症

今日は大変な一日でした・・・。

今朝、仕事に出るときは何の異変もなかったんです。
妻から最初の異変メールが届いたのは朝9時半くらいでした。

「はいた お腹が痛いんだけど、ベビーは動いとる」

はいた?吐いた?!お腹が痛い??!!
すぐに電話してみるとかなり弱った様子で、吐くのと下痢が止まらずトイレから出れないとのこと。

「どうしよ〜?ベビ大丈夫かな?」

泣きそうな妻の声。
初めてのことだから僕らに判断のしようがあるわけがない!

「すぐに産科に電話して、先生に症状聴いてもらって指示を受けて。僕はいつでも帰れるように準備しとくから!」
と取り急ぎ電話を切ったのですが、しばらくしても音沙汰がなく、10分後くらいに再度電話をしてみると、「まだ掛けてない・・・」との声。

妻の症状をとりあえず詳しく聞いて、僕から産科に電話し、「一応すぐに来てください」ということだったので、仕事を中断し早退させてもらいました。
帰って吐き袋を用意し、妻を車に乗せた途端、またおえぇ〜と・・・。
妻に何が起こってるの〜?!

病院に着くと2階の分娩控え室に通されました。
気持ち悪い状態ですぐに診察しても辛いだろうから、ということで、点滴を受けてまず休みましょう、とのこと。
え〜?そんな悠長な・・・

でも点滴を受けながら寝てると妻も大分落ち着いてきたようで、訴えていた腰痛もマッサージをしてあげると楽になったみたい。
ただ不安は尽きなかったので、先生まだですか〜?と待ち続けて5時間、やっと診察に呼ばれました。

結果は単なる「嘔吐下痢症」だったそうです。
(おかしいなぁ・・・僕も同じものを食べてるはずなのに・・・?)

ベビにも異常はなく、ほんと一安心しました。

20060927.jpg

べビが生まれるまで後もう少し。
でも無事生まれてからもこういった心配は絶えないんでしょうね。
頑張るぞ、お父さん!

posted by shunsuke at 23:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

31週と5日

31週目の検診に妻を産院まで連れて行きました。

ここ2週間で妻のお腹は見違えるほど大きくなったなあと思っていたら、ベビも大きく成長してたみたいで、標準よりやや大きめとのこと。
僕も妻も生まれたときは3600g(偶然にも一緒)だったんで、デカイ子になりそうな気はしてたんですけどね(笑)

3Dエコー(2006/09/20)

いつものエコーで見ても、ほっぺたふっくらで、全体的にふくよかなのが分かる♪
頭のサイズは直径8cm。

妻はすでに+8kgとちょっと太り過ぎな感があるけれど、前回の検査の結果も異常なく、とりあえず一安心。

恐らく正岡病院で診察をするのはこれで最後。
ぼちぼち里帰り先の産婦人科へ検診に通うことになります。
でも一つ心残りが・・・それは何かというと、
里帰り先の「なんばレディースクリニック」には4Dエコーがないんです!
正岡にはあるので、是非とも一度4Dで我が子を見てみたい!!

そう話してると、先生が無料で見せてくれました♪
なんていい先生なんだ♪(里帰りせずにずっとここで診てもらいたかったなあ)

4DエコーNo.1(2006/09/20)

4DエコーNo.2(2006/09/20)

4DエコーNo.3(2006/09/20)

せっかくの4Dなのにベビは恥ずかしがりやなのか、ずーっと顔の前に手をやって顔がよく見えないぃ〜(T-T)
でもさすがの4Dはリアルでした♪
すごくふくよかなベビ、早く会いたいです♪

posted by shunsuke at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

29週と5日

29週目の検診に妻を産院まで連れて行きました。

実は今回は、検診がメインというよりは検査がメイン・・・。
朝から血液検査と糖の再検査でした(汗)
まず朝食を抜いた空腹時に採血して血糖値を測り、糖分を摂取して1時間後、2時間後にそれぞれ採血して血糖値の変化を見るというもの。
前回、血糖値や貧血で検査に引っかかったためです。
結果は来週のお楽しみ・・・ふぅ。

産道が短くなっていたため、お腹のハリを抑える薬を服用していたんですが、今回4.4cmと長くなっていたので投与はストップ♪
でも貧血が相変わらずだったので、代わりに鉄材の投与が再開・・・。

さらに妻の体重が今回+3kgと大幅増加・・・(汗)
いやはや、上手くいかんもんです。

でも、赤ちゃんは順調そのもの♪元気いっぱいでした♪

20060906.jpg

推定体重は1646g
頭のサイズが7cmと標準の大きさで順調に育ってるみたい♪
今回は顔もよく見れて、口パクパク以外にも瞬きをしてるように見えたよ。
ほんと、すぐそこにいるんだねぇ〜♪

頭もだいぶ下向きに移動したみたいで良かった☆
肉の壁に挟まれて窮屈そうにしてるくらい大きく元気に育ってるぞ〜♪
posted by shunsuke at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

24週目の検診

今日は24週目の定期健診に行ってきました。

やっぱり、「正岡」は丁寧で良いですね。
さらに「なんば」との差を痛感する結果となってしまい、里帰り出産の悩み(迷い?)が深まってしまった。

正岡の唯一の欠点は、一人一人に丁寧すぎて、予約時間が全く意味がなくなることかな(汗)
今回も4時に予約したのに、診察が始まったのは6時半過ぎてました(笑)
それでも誰も文句言わずに待ってるんだから、すごいよね。

さて、気になるベビーですが、とっても順調とのこと♪

20060816.jpg

今回はぐるりんと体の向きを変えていて、右上に頭、背中を妻のお腹にすがる形で、足が左下にしてました。
顔にもだいぶお肉が付いたみたいで、以前よりもふっくらした顔は、もう表情が分かるんじゃないかと思うくらい人間らしかった
口も相変わらずパクパクと動いてて可愛かった〜

今回も先生はサービス精神旺盛で、ベビーの頭の中の血液をモニタリングしたり、血流音(心拍みたいだった)を聞かせてくれたり、胎盤から栄養が流れる音とかを聞かせてくれました♪
聴診器では全然聴こえないのに、こんなにいとも簡単に聴けるなんてすごいなぁ。

ベビーは順調だけど、母体は相変わらず思わしくない(T-T)
まず、血糖値が引っかかって再検査決定・・・。

短くなってきていると言われた産道もさらに短縮化が進んでしまい、3.9cmが3.7cmになってしまったらしく、収縮を抑える内服薬を処方されました。

気になる汗疹もお腹の方まで広がってしまってて、診てもらったところ、妊娠性痒疹(ようしん)と言われ、塗り薬も追加で処方されました。
ただ、この症状が出る妊婦さんは多いらしく、あんまり気にしなくても良いらしいです。
あまりに我慢できないくらいに痒みが酷くなったら、皮膚科に行ってみてください、と言われたそうな。

お腹に子供を抱えて、色んな制限や不調も抱えて、子供を産むのは本当に大変だなぁと、負担のかかっている妻をしっかり労いたいと思った今日この頃です。
posted by shunsuke at 23:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

入院手続き

里帰り出産でお世話になる「なんばレディースクリニック」に入院手続きに行ってきました。

入院手続き自体は、短冊のような用紙に名前と住所と緊急連絡先を記載するだけで終わり、何だかとっても拍子抜け。
今通っている「正岡産婦人科」では、入院準備のための無料講習会などがあったので、てっきり同じようなものがあるのかなと聞いてみれば、まったくないとのこと・・・。
入院グッズを売ってるので何も分からなかったらそれを買えばいいですよ、とのこと。
う、うーん・・・(汗)

ついでに検診もあったので、久しぶりの我が子を見れると思いきや、旦那さんは呼んではくれず、病院によって方針の違いって色々あるんだなぁと・・・少し(かなり?)残念な気持ちに。

まぁ、エコー写真とビデオがあるからいいか、と思いきや、あるにはあるんだけど、何が写っているのか分からないような状態で、さらにがっくし・・・(T-T)

20060811.jpg

妻曰く、淡々と先生が確認や測定することだけを済ませる感じだったそうで、あまり説明もなく、今日は赤ちゃんが下を向いてるので顔が見えませんね、で終わってしまったらしい・・・。

「正岡」なら、一つ一つの測定を丁寧に説明して見せてくれるし、顔が見えにくくても何とか見えるようにエコーを当てる位置を変えてくれたり、ベビーがあくびをするところなんかも見せてくれるのに・・・。

気になってた産道の短さを聞いてみても、「なんば」の先生は「んー、そんなことないと思うよ」と一言だけだったそうな。
「正岡」では、「前回が4cm今回が3.7cmと短くなってきてるのであまりお腹に力のかかる運動は避けてください」と具体的に説明してくれたんだけど・・・。
「なんば」では、逆に「マタニティエアロビクス」を勧めるそうな・・・。
ど、どうすりゃいいの?

母親学級も、前期と後期の2回しかないらしい。
「正岡」は色々な無料母親学級が企画されていて、好きなのに自由に参加できるのになぁ・・・。

帰り際、受付で「なんば」の分娩方法(形態)を聞いてみると、「分からない」との回答だったのでびっくり!
勤め先の病院がどういう分娩方法を採用してるかくらい知っててよ〜。
助産師さんを呼んでくださったので、分娩の時は「ひーひーふー」ですか?それとも別の呼吸法を練習した方が良いですか?と聞いてみたところ、特に前もって練習する呼吸法とかはない、とのこと。
練習しててもお産の時はとにかくパニクって出来やしないので、その場の助産婦の指示に従ってくれればいい、ということだそうです。
なるほど、とは思うけれど、やっぱり何らかを練習してると、いざという痛い時に、すがれるじゃないですか、気持ちの問題として・・・。
「正岡」はソフロロジー式で、妻は無料講習会にも出席して感慨を受けてたのを思い出すと何とも・・・。(最近練習をしてる姿は見ませんが^^)

と、妻ともども、ちょっと里帰り出産の選択を失敗したかな?と後悔しちゃうくらい、「正岡」と「なんば」の違いに正直驚いています。

「なんば」もこの辺りでは有名で一番人気なんです。
実際、一番初めに診てもらった時はキレイな施設や優しい対応に感動したくらい。
でも、もっと上を体験しちゃった、ということなんでしょうか。
「正岡」の丁寧な検診を思うとどうしても見劣りしてしまう・・・。
「正岡」が評判いい理由が分かった気がします。

なんばの出産費用は35万〜、正岡は47万〜
値段の差かぁ・・・なんて妻とため息をつくしかない今日この頃です・・・
posted by shunsuke at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

22周目の検診

今日はお昼からお休みをもらって、定期健診に行って来ました。
4週間ぶりに我が子に会えるので、付き添いは欠かせません!
年休使いまくりです(笑)

16時に予約をしてたんですが、いつものことながらとっても待ちました。
今日は最高記録19時半・・・。
先生が一人一人に丁寧なのでついつい時間オーバーしちゃうのか、急にお産が入っちゃったのか?
原因は分からないけれど、それでも皆さん文句なく待つので、やっぱり「評判の良い産婦人科」なんですねぇ〜。

さてさて、4週間ぶりの我が子は、とっても元気でした♪

20060719a.jpg
頭の方に手をやって変なポージング。よく動いてる♪

20060719b.jpg
こっちは足とスネ。

体重553gで、とっても順調だそうです♪

顔のあたりを写してるときに、口をパクパクあけたかと思うと、明らかに「あくび」したんですよ〜♪♪♪ハートたち(複数ハート)
妻のおなかの中で確かに息づいてるのが分かる、ほんとすごいなぁって思う。

と、感動半面、ちょっと残念なことも・・・。
赤ちゃんは順調だったんですが、妻が検査で引っかかっちゃいました(汗)
しかも・・・

体重オーバー
目安1ヶ月1キロ増のところを3キロ増えちゃってて・・・(××)
旦那さんエサあげすぎ、なんて言われちゃいました(汗)

血糖値オーバー
もともと血糖値が高くなりやすい体質らしいんですが、最近外食が続いてたりお菓子を良く食べたりと思い当たる節もちらほら・・・(汗)

貧血
前回に引き続きひっかかっちゃいました(T-T)
まじめに鉄剤を飲んでいなかったのが祟っちゃったか・・・

と見事な三重苦・・・(T-T)
産道も短くなっててこのままじゃいけないらしい。
妻、かなり凹んでました。

今の時期、無理に運動してダイエットするのは早産を招いてしまう危険性があるので、ただただ食事制限、つまりカロリーコントロールするのみ、とのこと。

でもバランス良い食事を取らなきゃ鉄分が摂取できないし、なんだか難しいです・・・。

今まで貧血対策&便秘対策で飲んでたビフィーネも、体重増になるのでお預け・・・。
ヨーグルトもカロリー高いので食事療法に頼るより、ちゃんと鉄剤や下剤を飲んでください、だそうです。

今は順調なベビーだけど、このままだといつかベビーにも悪影響を及ぼすことになるので、カロリーコントロールはしっかりしてください、と帰り際にも念を押されました。

妻は我慢とか抑制とかをすごく嫌うんですが、ベビのためちょっと心を鬼にして、一緒にカロリーコントロールがんばりたいと思います。
まずは、お互いオヤツ禁止から・・・(;−;)
posted by shunsuke at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

18週目の定期健診

今日は1ヶ月ぶりの定期健診。
お腹も大分妊婦らしく目立ってきてるので、お腹の子も大きくなってるだろうなぁ〜と、楽しみに行きました。

毎度のことながら2時間半くらい待っての診察。
消音にしてニンテンドーDSをしたり、置いてある絵本を読んだりしながら時間を潰しました。

で、診察結果というと・・・

20060621a.jpg

20060621b.jpg

1ヶ月ぶりのエコーで見る我が子は随分でっかくなってました♪
顔も随分人間らしくなってきたし、指とかくっきりはっきり見えます♪

ただ今、18週目
頭の直径は4cm、推定体重は259gとのこと。
平均的で順調みたいです♪

全てが順調かというとそうでもなくて、まず血液検査で引っかかったんです。
貧血だそうな・・・
妊婦でも大丈夫な薬「フェロミア錠」をもらいましたが、副作用として初期のツワリが戻ってくるようなことがあるらしい・・・(x-x)
なるべく薬は飲まず、血に良い食事メニューを妻にお願いしたいところ。

あと、心配なのが、右の卵巣が大きくなったままで静まっていないそうな(汗)
妊婦中はどうにも治療できないので、出産後、また様子を見ましょう、ということになったけど・・・ちょっと心配(T-T)

僕の願いは、子供も母体も無事であること。
神様、そこんとこよろしくお願いします!!
posted by shunsuke at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

初めてのご対面♪

今日は半日年休をもらって、母子手帳を発行してもらうため、妻と区役所に行ってきました。
区役所の中にこんなとこもあったんだぁ、という感じで初めての4階に上がり、これまた初めての保健福祉課の保健指導係へ。
エプロンつけたお姉さん(保母さん?)から母子手帳を受け取り、10分くらいの説明を受けただけであっけなく終了でした。

20060426a.jpg

表紙は各区役所で異なるらしく、僕らはベビープーさんのかわいい表紙でした♪
何だか実感です☆


その後、正岡産婦人科へ検診に。
16時の予約で行ったんだけど、着いた時点でまだ14時予約の人を診ている状態(><;
車の中で寝て待つこと3時間、やっと診察してもらえた。

いつものように、僕はのけ者だとばかり思っていたんだけど、なんとなんと、今回は僕も呼ばれて、エコーを初めて見せてもらったのです♪
つまりつまり、初めてのご対面〜♪♪

正直カーテンの向こうで男の先生が妻の大事なところを診察している・・・と思うと、とても色んな気持ちが渦巻く複雑な気持ちになったんだけど、初めて見る画面の中の我が子は、はっきり言って感動モノだった!!

20060426b.jpg

前よりも随分大きくなっていて、手足が何となく分かる!
見ちゃイヤんとでも言うかのようにもごもごと動いてる!
す、すげぇ〜!!

股間の辺りに見えるものは何だと思います?という先生の意地悪な質問に、もしかして、もう性別分かるの?!と、性別は産まれるまでのお楽しみと思っている僕らは狼狽したが、どうやら実はへその緒らしい(^^;

性別が分かるのはもっと後とのこと。
その後、色んな話を先生から聞かせてもらえて、満足して病院を後にしたのが8時前・・・
こりゃ予約もずれ込むわけだ(笑)
先生が熱心ってのは良いことだよね。

今日は色々と実感できた良い一日でした♪
posted by shunsuke at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

米粒大の命

今日、市内の正岡病院(産婦人科)に検診に行きました。

一度は事務的な対応に妻が不信感を持ってしまった病院だけど、初診で行った「なんば」の先生が正岡病院の先生のことをご存知で紹介してもらったことと、妻のご両親も定期健診は車で通える近場にすべき、と主張されていたので、妻もケンカしていたことはすっかり忘れて、ころっと正岡病院で診てもらう気になってました。
ほっと一安心。

20060329a.jpg

さて、今回は予約しての診察だったので、車も止めれてすんなり待合室へ。
すんごくキレイな内装の病院で、ソファーとかもすごくて、何だか高級ホテルに来たような気分でした。

20060329b.jpg

待合室で妻と一緒に問診表に必要事項を記入。
色んなことを聞かれるんですねぇ。
初潮の時期や避妊をしていたかどうかとか。
確かに診察には必要な事項だろうけど、ちょっと恥ずかしいなぁ。

呼び出しシステムは「なんば」と同じようになっていて、先生が直々にアナウンスもしてくれる。
妻が診察に行ってから、これまた随分長い時間待った気がする。
旦那はいつまで蚊帳の外なのかなぁ〜と、本を読みながら静かに待つ。

戻ってきた妻は満面の笑顔だった。
またエコー写真をもらってきていて嬉しそうに見せてくれる。
その中に、とってもとっても小さいけれど、確かに我が子が写っていました♪

20060329c.jpg

本当に小さい点が見える程度だけど、先生によるとまだ米粒くらいの大きさらしいんだけど、ちゃんと芽が出たのだ♪

実は、あまりに早く初診に行き過ぎた僕たちは、怖い話を「なんば」の先生に聞かされていて、今まで不安を抱えていたんです。
その怖い話とは・・・
確かに着床して赤ちゃんが育つ袋ができてるので「妊娠」ということなんだけど、このままこの中に赤ちゃんが出てこないこともまれにあって、その場合は「流産」ということになる、というのです。

だから、米粒の大きさでも、確かに芽吹いた命に、すんごく安心した僕たちでした。
大きく育て〜♪
posted by shunsuke at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

初診後編(小さい命)

昨日の初診の報告の続きを・・・

なんばレディースクリニックで受付を済ます。
キレイな待合室で、スタッフの人も笑顔が優しい。
システム化も進んでいて、液晶モニタがいくつも取り付けられおり、
そこに番号での呼び出しが「ピンコ〜ン」と表示される。

妻はすぐに検尿検査のためトイレに入っていったが、
出てきた時に手に紙コップを持っていなくて驚いた。

「ちゃんとトイレの中から渡せる小窓があるんよ」
へぇ〜、よく考えられてる。どこもそうなんだろうか?

その後、妻の番号はなかなか呼ばれず、「ピンコ〜ん」と鳴る度に
ついつい何度も液晶モニタを確認してしまう。
「ドキドキしてきた」
そう言いつつも、妻の表情はにこやかだ。

ついに妻の番号が表示され、診察室へと入っていく。
診察のための、素足にスカートが揺れる後姿が目に焼きつく。
(診察では下着を脱がなければならないから、ズボンだと下半身すっぽんぽんになっちゃうため、スカートがオススメらしい)
写真で何度か診たことのある診察台が思い浮かんで重い気持ちになる。
妻はもっと辛いのだ、そう自分に言い聞かせてひたすら待った。

本を読みながら待ちはするけど、どうも落ち着かない。
ずいぶん長い時間のように思えた。

しばらく経ってやっと妻が出てきた。
お医者さんから得た知識をどばーっと話し出す妻。
わー、ちょっと待ってちょっと待って、その前にちゃんと確認しておきたいことが・・・
「で、どうだったの?」
「あ、そうか、妊娠おめでとうございます、だって♪」
「ほんと♪よかったぁ〜」
「でもね・・・」
「え?」

内診のエコー写真を見せながら、妻が説明してくれた話にびっくりした。

「まだ赤ちゃん全然見えないの」

20060323.jpg

黒い楕円に見えるところが袋で、その中に赤ちゃんが育つらしいんだけど、まだ早すぎて影も形も見えないとのこと。

よくドラマとかでは、「おめでとうございます、妊娠6週目です」とかお医者さんが言うシーンが多くない?
普通はつわりの兆候が出始めて、嗚咽とかしちゃった時に、「もしかして妊娠?」と病院に行くもんなんだと思う。
でも、妻は肌荒れやイライラ、胸のハリはあれど、嗚咽の兆候も見られず元気ぴんぴん。
つまり、初診に来るのがちょっち早すぎたわけだ。
僕らはまだ1ヶ月程度しか経っていないみたい(笑)
そんなに急がなくても良かったわけなんだけど、妻があまりに不安がるもんだから仕方ないよね。

帰りに妻の実家によって食事がてら「報告」したんだけど、そんな話聞いたことないよ〜と大爆笑だったものの、すっごく喜んでくれた。
家に帰って、僕の実家にも電話で報告。
なんだか照れくさかったけど、両親の「おめでとう」を聞くと、実感が沸いてきた。

あ、そうそう、不確定だけど一応の予定日も教えてもらったよ。

2006年11月17日だそうな♪

1週間後が妻の誕生日で、その2週間後が僕の誕生日と、親子の誕生日が同時期に固まっちゃうんだけど、なんだかまたまた実感♪

最後にまた重苦しい診察台が脳裏をよぎったので、思い切って妻に聞いてみた。
「診察、イヤじゃなかった?」
おそらくとっても悲痛な顔で聞いた僕に対して、
ううん、平気だったよ」と軽く流す妻。

う〜ん、母は強しだ・・・(^-^)
posted by shunsuke at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

初診前編(長い道のり)

今日はお互いに休みを取って、産婦人科に行きました。

・・・と書いてしまえば一言で終わってしまうんだけど、
実は色々と紆余曲折あったんです・・・

産院選びは難しい」で紹介した「正岡産婦人科」に行ったんですが、
さすが評判が良いだけあって、平日というのにすごい人でした。
駐車場は満車状態で、近くの100円パーキングに止め、ドキドキ足を踏み入れ受付に。

「予約はされていますか?」
「いえ」
「すみません、今日はいっぱいで予約されてないと診れないんです」

そう、僕たちは予約をせずに来院してしまったんです。
ホームページには、「受付で予約システムの登録をしてください」と書いてあったので、初診では予約ができないと勘違いしてました。

「何時まででも待てますけど、1日中ダメですか?」と粘ってみたんですが、やっぱり空いていないものは空いてないようで、仕方なく次回の予約をして、肩を落として家に帰りました・・・

妻は、この正岡婦人科の対応が「事務的」と気に食わない様子で黙り込んでしまい、僕もどうしたいのか煮え切らない妻の態度にイライラしてしまい、とうとうケンカ勃発(T-T)

最終的に探り出した妻の怒りポイントは、
  • せっかく取った休みが無駄になった(検査薬を試すよりも前から決まってた休みであって、産科に行くためにわざわざ取った休みではないんだけど)
  • 今日はっきりすると思ってたのに来週まで待たなきゃいけない
の2点。(違うかもしれんけど)

確かに不安な気持ちをいつまでも抱えなきゃいけない妻を思うと、気持ちも分かるし、僕も確証を得て安心したい。
そこで、僕が出した妥協案。
里帰り出産でお世話になる予定だった妻の実家近くの「なんばレディースクリニック」で取り急ぎ今日初診だけ診てもらい、続きは臨月になるまで市内の「正岡」もしくはその他の産婦人科に通う、というもの。

こんなあっちへこっちへというのが可能かどうかは不安だったけど、妻も納得して、夕方、今度はちゃんと予約をして「なんば」に向かいました。

が、高速道路を車で飛ばして、それでも1時間半かかる道程で、またもやケンカ勃発(T□T)

来週予約を取っているのに、もう「正岡」には行かないと言い出す妻。
「正岡」の対応が事務的と感じて不信感を抱いたのであれば、それは仕方ないこと。
たまごクラブでも、産院選びで一番大事なのは「信頼できるかどうか」て書いてあったし、他に市内で評判の良いところを探せばいい。
なのに、「なんば」一本にすると言い出すんだもの・・・_| ̄|○

それは絶対反対でした!!

高速使っても1時間半の道程ですよ?
急に何かあったとしても、とても間に合う距離じゃないし、
定期健診に通う妻の身体にかかる負担も大きいと思う。
なのに・・・

「なんで複数の人に診せなきゃいけないの?」
気持ちは分かる・・・でも元々里帰り出産も複数の病院だったじゃん(困)

「正岡だって車で30分かかるじゃない!!」
でも高速で1時間半よりはマシだと・・・(汗)

二人とも険悪なムードのまま病院との距離だけが縮まっていく。
「もう今日は行くの止めよ!どうせ結論出ないだろうし、こんな気持ちのまま赤ちゃんできてますよって言われても嬉しい気持ちにもなれんわ!」
妻の言葉に、確かにそうだと、僕はケンカしたことをちょっと後悔&反省しつつ、Uターンすることに。

その後も妻は「産院選びくらいでこんなに決まらないの、うちらくらいなもんよ!」「あ〜ぁ、何だったんじゃろ、今日は」 「はぁ、次行くのいつになるんじゃろ?」などとポツリポツリと毒を吐き出し、仕舞いには「あ〜、ムカつく!!」と車の天井をどつく始末。

これがきっと妊娠初期の不安定さなんだろうな・・・
イライラし攻撃的になるのもホルモンバランスが崩れるせいで、きっと妻が一番辛いのだ・・・
僕もまだイラつく気持ちもあったけど、こんな妻の状態を理解し受け入れていかなきゃ、とも思った。

「ごめん、悪かったよ。ねぇ、最初の僕の提案じゃダメかな・・・?」

僕は、とりあえず「なんば」に行って、その後は一応市内を念頭に再検討、という妥協案を持ちかけ、「妻を安心させること」を最優先事項とした。
妻の手を握って辛抱強く応えを待った。

しばらくして、妻も落ち着きを取り戻し、快諾を得て「なんば」を目指して再Uターンすることに。
(ここで「私もごめん」の一言でもあれば、僕も救われるんだけどなぁ・・・T^T
いやいや、ガマンガマン)

目的の「なんばレディースクリニック」に着いた頃には、いつもの二人に戻れてて、ドキドキの初診にやっと一歩を踏み出した気分でした。
長い道のりだったなぁ・・・
20060322a.jpg
(参考)なんばレディースクリニックのHP → http://www.nanba-lc.net/

結果を早く報告したいけど、続きは、また明日に♪
posted by shunsuke at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

産院選びは難しい・・・

妊娠検査薬で「陽性」つまり妊娠が分かりはしたけれど、
やっぱりちゃんと病院で診察してもらわないと
安心できない様子の妻。

そこで産院探し。病院
単に産院といっても色々あるみたいですね・・・。

実家が少し離れている妻の希望は「里帰り出産」。
里帰り出産というのは、初診から臨月辺りまでの検診は住まいの近くの産院で診てもらって、分娩と産後の肥立ちは親元の実家に近い産院でお世話になる、というものらしい。

臨月や産後はとても家事なんてできる状態ではないらしいので、
家事をしなくても良い親元でお世話になる道理は納得。
初産で心配事も多いので、僕もその方が安心かなと♪

さて、問題は日頃お世話になる近所の産院探し。
妻は運動がてら歩いて行ける距離を重視してるのだけど、
やっぱり評判てものも気になる。

助産士の友人に聞いてみたところ、近所の個人医院のウデは「下の下」とのこと・・・(T-T)
すっかり近所に歩いて行くつもりだった妻は納得いかないご様子・・・。
でも、無事な出産を望むなら、評判も大事だと思うんです。

その人のお勧めは「正岡産婦人科」か、市民病院や県病院のような総合病院。
妻は総合病院はイヤらしいので、とりあえず車で30分と近場ではないけれど
毎回僕が送り迎えをするということで譲歩し合い、
「正岡産婦人科」に明日行ってみることにしました。

何だか、ドキドキしてきたぞ。


(参考)正岡産婦人科のHP → http://www.masaoka-hp.com/
posted by shunsuke at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 産婦人科・通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。